• 2013.06.07 Friday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

 日曜日にサッカーの試合があった。

この日は午後からものすごい風が吹き出し

グラウンドは砂けむりを巻き上げ、

とても目を開けていられない状況になった。


午前中はトーナメント戦の頑張りにより、しょーたんのチームは

決勝リーグへ進めることになった。

ここであと2勝すれば優勝がみえていた。

しかし、あまりの強風に事故の危険も考慮しやむをえなく中止となった。



しょーたんは中止になる前の昼食をとっていたときに

こんなことを言っていた。

「今回いつもと違うAチームのDFでしょ・・・

足を引っ張っちゃうんじゃないかなって怖かった。

だから、1試合目は何をやっていいか全然わかんなくて動けなかった。

だから先発で出たのにすぐ代えられちゃった・・・。」

「でも、段々走れるようになったと思うよ。

それにY君とのアイコンタクト・・・すばらしかったよ。

お母さんはすごく感動したもん。

Y君の思うところにピタッとぼーるを出すことができてたし。

きっとY君も「ナイス!しょーたんっ!」って思ってたと思うよ。」

「だから・・・俺思うとおりにやればいいんだって思った。」

「足を引っ張っちゃいけないって思ってたの?

しょーたんだって同じチームの一員なんだから

そんなふうに考えることない」

「俺本当に足を引っ張っちゃいけないって考えちゃったんだよ。

でも気がついたら走って試合してたよ」

言葉の通りその後の試合は途中交代されることなく

フルでプレーしてました。

だから、エンジンがかかってきてただけに中止は残念でした。

後日、中止した試合はやるかどうか判断するということでした。



足を引っ張るなんて言葉を覚えたということと

そういう気持ちを持つようになったということは

また成長ですかね・・・・。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     
ポッチリしていただけると嬉しいです



 昨日のサッカーの練習後・・・・

「お母さん・・・俺・・・もう・・・サッカーやめたい・・・」

涙声でしょーたんが訴えてきた。




先々週のこともあり、またイライラが溜まってしまったのだろうか・・・。

「何かあったの?」と聞くと

「もう・・・先生が嫌なんだっ!」

何か言われたらしい。

「俺ができなかったりすると、怒るんじゃなくてバカにするっ・・みんなの前で・・・」



今までも時々こんな光景は見かけたことがある。

バカにしている感じはしないのだが

冗談を受け入れられないしょーたんにとっては

からかわれたり、軽い気持ちの冗談が

プライドを傷つけられているんだと思う。



しょーたんだけではなく、みんなにも同じように先生は接している。

でも、しょーたんには理解ができずに傷ついてしまう。



そんなしょーたんの気持ちも理解できるから

こんなことで苦しんでいるしょーたんを見ていると胸が苦しくなる。

しょーたんにとっては、こんなことでないってわかってる。



もう7年間もこうやって練習してきたのになんで今頃・・・って


言われたら嫌だなってなんとなく感じてても、言われたことに対して

いろんなことを考えてはなかった幼児期・・・・



他の子に比べて遅れてはいるが、きっと一人の人間として自立し始め

いろいろなことに思い悩む時期にきたのかもしれない。





他にも辞めたい理由は多々あった。

しょーたんは少し冷静さを失っていた。




私もしょーたんの思いを聞くうちに涙がこぼれた。



「お母さんはしょーたんの気持ちを理解したよ。

辞めるなら、これから先生に伝えに言ってもいいよ。

でも、サッカーは好きなんだよね?」




しょーたんは涙を拭きながら

「この話はお母さんだけ・・・・お父さんには言わないで・・・・

話すなら、僕が寝てからにして・・・。」
と言った。











家に帰り、少し冷静になってもう一度考えたようだ。






「やっぱ辞めないっ 頑張ってみる」とすっきりした顔で

「おやすみなさい」の前に私に近づいて話してくれた。




なのでこの話は私の胸でしまっておきます。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     
ポッチリしていただけると嬉しいです



 サッカーの練習試合が近いので試合形式で練習をしていたらしい。

練習終了間際に迎えにいくと、先生(コーチ)に肩をたたかれ

うつむいているしょーたんがいた。



あれ?あれあれ〜!

やっちまったらしいな・・・・



目を真っ赤にして泣いている。



みんなが練習後の整列をして待っている。

しょーたんはというと・・・まだいじけている

みんながしょーたん待ちをしている。

どうにか先生がしょーたんを列に並べ、練習が終わった。


先生は私の元へやってきて大体の説明をしてくれた。



状況は・・・・

チーム内でトーナメント方式でやった結果全敗してしまい

悔しさのあまり泣いてしまった。

練習後、顔を洗おうとしたらジャージが濡れてしまい

さらにテンションが下がった。

・・・・とこんな感じだそう。



解散後も感情が戻らずポツンと一人で座っていると

4年生の後輩の子がしょーたんのとなりに座った。

しばらく様子をみることに・・・

何やら話しかけている。二人でしばらく座っていた。

時間も遅くなり寒くなってきたので

「そろそろ帰ろう」と声を掛けた。

帰り道にしょーたんに「〇君(さっきの後輩)と何かもめたの?」と聞くと

「ううん・・・違うよ誰とももめてないよ。負けて悔しかった。

ぜんぜん点取れなくて・・・・

涙を流そうと顔を洗おうと思ったら水が勢いよく出ちゃって

ジャージがびしょ濡れになっちゃったから・・・。」


そうだったのか・・今日はどうしても抑え切れなかったんだね。


「〇君はしょーたんを心配してくれて隣に座ったんだね?」

「うん・・・・〇君はいいこと言ってくれたよ」

「どんな?」

「あっ あれ?忘れちゃった・・・」

「えっ?」

「いい事言ってくれたけどなんか忘れちゃった・・・」



なんだよぉ〜感動の場面だったのにぃ・・・

まぁとにもかくにも感情がコントロールできなかったわけだ。

久しぶりだなぁ・・・最近は泣きべそかくこともなく頑張っていたから・・・

でも、そんな時もあるね。

一人でクールダウンできたのはすごい成長かも・・・

いや・・・仲間の力をかりたのも成長だよ。

お母さんの力は本当に必要なときだけ使ってください・・・・。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     
ポッチリしていただけると嬉しいです



 日曜日にサッカー大会があった。

今回もBチームでの参加になった。

本人は、BチームだとFWとして活躍できるから

自分から希望を出したって言ってる・・・・ホントかどうかは疑問だけど。

FWで出るからには点を取らなければいけない。

責任もかかってくる。

そのことをしょーたんに説明するとわかってると言った。



結果、しょーたんのBチームは18チーム中14位

Aチームは3位という内容だった。



Bチームはなかなか勝てない・・・・

Aチームのようにバランスよく機能してないような・・・・

でも、その中で5年生として下級生を引っ張ってやっていたしょーたん。

控えの選手と交換することなくフル出場で頑張っていた。

決定力不足のチームではあるが、でもしょーたんは点を取っていった。

小さい頃は、しょーたんが点取りに絡むなんて想像もしていなかった。

初めて点を取ったときは涙がとまらず感動しながら見ていた。

ところが、最近では涙が出るほどの感動してない自分がいる。

もちろん嬉しい気持ちは口に出せないくらいある。

でも、段々しょーたんの頑張ってる姿に慣れてきてしまっているのかもしれない。

ホントはすごい事なのに、ゴールを決めるって・・・

たくさん、たくさん褒めてあげなければ・・・



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     
ポッチリしていただけると嬉しいです



しょーたんは今週、毎日サッカーの練習に一人で行っています。

夏休み以外の練習は夕方なので私が練習グランドまで車で送っていますが

平日昼間は仕事があるのでしょーたんには自転車で行ってもらってます。

なので毎日心配です。

そんな私にサッカーのママ友からメールが来ました。


「暑い中、子供たちは走りこんでがんばってたよ〜

しょーたんは帰るときに私たちにちゃんと

「お先に失礼します」って頭を下げて

安全運転で自転車に乗って帰って行ったよ〜

しっかりしてると感心したよっ」


親ながら感心してしまったよ〜嬉しかったなぁ〜

こうやって何気ないメールは親の私にとっても励みになります。

特に教えたわけじゃないのにさぁ

知らないところでちゃんとやってるんだぁ

えらいっ えらいぞっ しょーたん




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
     障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
ポッチリしていただけると嬉しいです


 昨日、サッカー大会がありました。

当日まで、A・Bどちらのチームのスタメンかわかりませんでした。

しょーたんはBチームスタメンになりました。

実力でチーム分けをします。

冬、春の大会もBチームでした。

本人は、欲が無くBチームを希望していることを教えてくれました。

しょーたんは1度だけAチームでプレイし準優勝したことがありました。

なので、親としてはぜひ頑張ってAチームで頑張って優勝を目指してほしいと・・・

でも、しょーたんはAチームでは絶対にFWになれないことを自覚しています。

ならば、BチームでFWとして活躍したいと・・・

なんとも親としては歯がゆいような気持ちです。

AチームとBチームではレベルがかなり違います。

私としては向上心もって頑張ってほしいなとも思いますが

自分で考えて今の自分が一番合うところを希望した気持ちもわかります。




しょーたんいるのBチームの予選リーグはというと

トータル得点1 失点14と大敗で決勝トーナメントへはいけませんでした。

Aチームと言えば予選を1位通過で1位決定トーナメントへ・・・




予選リーグの初戦はなんと0−8

大粒の涙を流しながら戻ってきました。

あまりの失点に見ていた私もいったい何点とられたのか分からなかったので

戻ってきたしょーたんに聞くと口を割りませんでした。

ひたすらうつむいていました。

あとで予選リーグ表を見に行って知りました。



悔し涙を流すしょーたんに次の試合の召集がかかりました。

真っ赤な目をして涙をこらえながら召集場所へ行く姿に大きな成長を感じました。




予選リーグでの得点1は実はしょーたんのシュートです。

ドリブルで中央突破して打ち込んだシュートでした。

それはもうかっこよかったです。

私もそうですが、コーチのガッツポーズはそれはもうすごかったです。

みんなが喜んでくれました。




午後は、順位決定戦のトーナメントでした。

負けたら終わりです・・・

知ってか知らずかBチームは連勝で、18チーム中13位になれました。

ちなみに春は参加チーム中、最下位でした。

かなりの頑張りです。

トーナメントでも得点を決めたしょーたん。

ホントにすごいよっ。がんばって低学年のメンバーを引っ張っていきました。

歯をくいしばり走る姿は感動させてくれます。




Aチームは1位決定戦の初戦引き分けでPKの末、敗退です。

試合は押せ押せの状態で責めまくってました。

しかし得点を決めることができなかった。

試合では負けてなかっただけに本当に残念な結果だった。

結局3位決定戦も負けてしまい4位で終わりました。

Aチームの子供たち全て涙を流し戻ってきました。

自分の子供のように私も涙がこぼれてしまいました。

悔し涙を流すまでに成長した姿に感心しました。

以前は、負けても泣くこともなくケロッとしていましたから・・・

それだけ、子供の勝ちたいと言う気持ちが表れてきたんだなって。







家に帰り、今日の試合のことを宿題の日記に書いていました

こっそり読んでみたら・・・・


「2点決めることができてよかったです。」

はっ・・・

そんな感想?

負けて悔しかったとかなかったの?

しょーたんの中では点が決められたことが1番だったらしい

次は、チーム全体のことも考えられて日記に書けるといいね。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
ポッチリしていただけると嬉しいです


 今週は2ヶ月に一度のスイミングスクールの検定の週だ。

現在しょーたんはバタフライの練習中です。

バタフライは難易度が高いのか3段階に分かれています。

1、ドルフィンキック

2、片腕だけクロールでドルフィンキック

3、バタフライの完成形

なんだか難しそうですよね。

私は泳ぎが苦手なので、見てるだけでも本当に大変だなって思います。

しょーたんは、2の片腕クロールドルフィンの検定です。


はっきり言ってしょーたんにはバタフライはできないと思ってました。

迫力あるバタフライ・・・・

へなちょこしょーたんは腕力がありません。

水をかきわけるなんて無理だろうと・・・・

案の定、かきわけられず潜水艦のようにプールの底を泳いでいました。

なかなか浮上できません

でも、継続って大事なんですね。

そんなしょーたんが2ヶ月前にドルフィンキックができるようになり

1を合格できました。

さすがに腕と足がまったく違う動きをする泳ぎなんて時間かかるなって・・・

片腕はクロール、もう片腕は伸ばしたまま

そして足はドルフィンキック・・・。

なんだか大人のでも固まりそうな泳法です。

月曜日は足が水面から出てそろっていないと言うことで不合格でした。

昨日、再度チャレンジです。

正直言って今回もダメかなって・・・

ところが、なんと合格しました。

ホントにホントに長い道のりでした。

思い返すと、年長さんからはじめたスイミング。

友達は1年くらいでクロール、背泳ぎを習得してしまいます。

それに比べたらなんと時間がかかったことか・・・

何度友達に、「まだ合格しないの?」と聞かれただろう。

でも、めげずに頑張ったしょーたんはえらい

不器用だけど、時間がかかるけれど確実にステップアップしいていった。

すごいよしょーたんっ




残念だが、5年生になったらスイミングスクールは

辞めようってことになっていた。

ただ、最後に検定を受けたいと言ったしょーたんの気持ちを尊重して今回受けた。

昨日合格をもらったということで気持ちよく退会届を出すことができた。

学校の帰りも遅くなり、いくつもの習い事はしょーたんに負担になっていた。

昨日プールの帰りに、スイミングは好きだけれど

自分の自由な時間があまり取れなくてストレスがたまっていたと話してくれた。

長く通っていたスイミングをやめるのは寂しいとも言った。

できれば続けたい気持ちもあるけれど、忙しく毎日を過ごすのは疲れるんだと。

ホントに長い間頑張りました。お疲れ様でしたね。



何事も時間がかかるしょーたんだけど、

時間がかかってもできるようになればいいと思う。


また出会うであろう壁に向かって頑張ろー




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
ポッチリしていただけると嬉しいです




いつもはこんな感じで



お調子者のしょーたんですが



先日のサッカーは


このように頑張りました。
(親ばかですみません)

 
  









友達のカメラ好きのパパさんが撮ってくれました

すばらしい腕前ですプロのようです。


なんてことない姿がうまくプレーしているように見えます


思わず感動してしまったのでUPしてしまいました。


(※写真を写メしたので画像はよくないですが・・・)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ     障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
ポッチリしていただけると嬉しいです


<<new | 1 / 2pages | old>>
 
ブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
わかって欲しい…広汎性発達障害 にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
今日はどこへ釣りに行こうかな?
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
rakuten
PROFILE
COMMENT
TRACKBACK
BOOK
RECOMMEND
●【DVD】クロスオーバー 並木敏成
●【DVD】クロスオーバー 並木敏成 (JUGEMレビュー »)
年々渋さとお茶目さが増していくカッコいいバスプロ♪
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.